準大手の狙いどころ(カードローン今借りたいならworks)

準大手の狙いどころ

TOPページ 消費者金融の基礎知識 > 準大手の狙いどころ

 

準大手の狙いどころ

さて、友人の詳細な経験談から行きましょう。友人は借入先7件!

総額で470万円という額を借り入れているすごい人です。これだけ借りていればもう自己破産はすぐそこでしょ?

と思いきや、自己破産もすることなく、頑張って返済しているのです。

この友人延滞の記録は2回ほど。一度は別の会社に債務が渡ったという、消費者金融業界で言えば、ブラックな人なのですが、通ってしまった会社が二つあったのです!! これはびっくりしました。

一つはHグループのS社。友人は「ま、無理だろうな」くらいののりでキャッシングの審査を受けたそうです。インターネット申込みをしてしばらくすると、携帯に連絡があり、詳細を詳しく話したそうです。もちろん借入先が7件あることも、総額が素晴らしくあることも全て包み隠さずにお話したようですが、(実際うそをついても個人信用情報機関に通せばわかってしまうということを、これだけ借金している友人が知らないわけがない)わかりました、審査をしましてから、再度お電話いたします、ということで、友人、これは通らないなと思ったそうです。ですが、通ったのです。友人の携帯に、「では、ご契約について説明します」という連絡があり、友人のほうが少しびっくりしてしまったそうです。ただし、友人の希望額は30万円、でしたが、初回15万円(これでもいいでしょ)という契約内容だったそうです。一応、会社、自宅、に在籍確認の連絡が来たそうですが、即日振込してくれたそうです。神のような会社だ・・。

そしてその在籍確認もなく、即日振込ではないけれどカードを送ってきてくれたのが、Jカード、O社のカードです。インターネット申込みをして携帯に連絡が来て、申込み書類が郵送され、記入して郵送、本人の携帯に確認の連絡があり、4日後にはカードが手元にあったということです。友人の希望限度額は30万円、でしたが、実際の限度額は10万円だったそうです。でも! 借入先7件で総額470万円ある友人ですよ?! 会社への在籍確認もなく、貸します? 何かの間違いかもしれませんが、実際友人がそうだったというので事実なのでしょう。

在籍確認がないにしても、あるにしても、7件以上の多重債務者にキャッシングしてくれるという救いの神のような会社も存在するのです。このほかに、U社のKカードも審査が甘いようです。探せばあるものですよ。激甘審査の会社。あきらめてはなりません。でも、この激甘審査の申込みにも「申し込み方」があるのです。申し込み方を間違えれば、借りられるものも借りられなくなってしまいます。契約の申し込み方をしっかりとよく知って申込みをしなくてはいけませんよ。

*過去の口コミなどを元にしております。お申し込みの際には現在の状況、契約内容などをよく確認しましょう。

可能性あり?中小消費者金融一覧リストはこちら

ページトップへ↑