個人信用情報機関とは(カードローン今借りたいならworks)

個人信用情報機関とは

TOPページ 消費者金融の基本 > 個人信用情報機関とは

 

個人信用情報機関とは

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関、こういった名称をキャッシングのインターネットなどをみていると、かなり目にしませんか? また、キャッシングをしたことのある方は、契約書をよく読むと、この個人信用情報機関への提供・登録・利用の同意、という文章が出てきます。契約書か、個人情報の取扱に関する規定という部分で目にすることができます。

この個人信用情報機関というのは、銀行でお金を借りた、消費者金融や信販会社のローンカードからお金を借りた、という経験の有る方でしたら、その全ての情報が登録されます。初めて借入れを起こした日から、増額した日、更に違う会社で借入れを起こした日、延滞をした記録など、とにかく全ての情報が登録されます。

このような個人信用情報機関というのは、大まかに系列に分かれています。銀行、(農協や信用金庫なども含みます。)クレジット及び信販会社、消費者金融、このように分類されますが、このどの系列でも個人信用情報機関を使用して、個人の金融に関する情報を集めます。

例えばアコムさんの場合、個人情報の取扱をよく読むと解りますが、全国信用情報センターと株式会社シーシービーへ加盟をしています。全国信用情報センターは主に消費者金融系の加盟している個人情報機関です。

地域ごとに運営され、細かな情報を集めています。株式会社シーシービーは信販系・メーカー系・流通系・銀行系カード、金融機関、消費者金融系などの情報が登録されている期間です。全国心情情報センターは、ほかに、シーアイシーやテラネットといった機関と提携をしていますので、ほとんどの情報がこの段階でわかります。シーアイシーは、ローン、主に月賦販売のクレジットの登録機関で、テラネットは、クレジット企業、リース事業、保証事業、消費者金融などが登録しています。

例えば信販カードのNICOSさんの場合は、全国銀行個人信用情報センターというところに加盟しています。この全国銀行個人信用情報センターは、銀行・信用金庫・信用組合・労金・農協・政府金融機関などが、加盟しています。ほかに銀行系消費者ローン会社、クレジット会社、保証会社、保証協会も加盟しています。同じ信販系でも、JCBさんの場合は、株式会社シーアイシー、株式会社シーシービー、全国銀行個人信用情報センター、株式テラネット、この4社での審査を行っています。

最近業績をぐんぐん伸ばしているIT企業系のキャッシングはどこに加盟しているのでしょうね? 楽天カードさんを確認してみました。こちらは、株式会社シーアイシー、株式会社シーシービー、株式会社テラネットさんに加盟をしています。

どの信用機関に加盟をしているかは、インターネットサイトの各社ホームページの個人情報についての取扱や説明という部分を見ればよくわかります。この個人信用情報機関には、ほとんどが加盟し、審査に役立てます。

たくさんのこうした機関に登録しているからといって、審査が厳しいか? というと、それだけではありません。それは、各会社で審査基準というものを持っているからです。個人信用情報機関に登録されている内容が、その会社の審査基準にあっていれば、問題なく審査に通るのです。

ですが、この個人信用情報機関に、悪い情報が登録されることは避けたいですね。延滞の情報やキャッシングトラブルの情報は、後々にどのくらいの機関登録されているかという、個人信用情報機関の規定によりますが、しばらくの間、登録されていますので、なるべく悪い情報は避けたいものです。逆に、優良な支払いをしているといういい情報も登録されます。こうした情報は融資枠の増額や、金利を下げるというサービスになることがありますので、しっかりした支払いをする、個人信用情報機関に、いい記録が載るという方向にしたいものです。

ページトップへ↑